相続対策のポイント~相続税対策~

平成25年度の税制改正によって相続税では基礎控除の引き下げが行われています。贈与税も上昇してにわかにお金持ちの間で生活苦が激しくなったという声があがっているとかあがっていないとか。しかし実際のところこれから上昇していくことは目に見えています。そこで大切なのが相続税対策なのです。しかし税金だけではダメで遺産分割の対策や納税するための資金に対策も大事なんですよね。相続税対策には生前贈与と不動産系などの節税がありますね。けどそれと同じくら重要なのが遺言書です。

近年可愛げのない争いが増えていて兄弟間で仲違いを起こしてしまうケースが増えています。遺産相続で、トラブルを起こさないためには遺言書の作成をおすすめします。生前に遺言を書いておけば法的に作成された安心感だけではなく何よりものこされたものたちへ平安が訪れます。その平和の心を握りしめながらまた社会貢献していける人材としてその子どもたちが羽ばたいていくわけです。ほんとに美しい姿だと思います。弱い人の心を助けながら美しい行為を繰り広げながら、相続の波は伝わっていくのです。しかし問題は自分ひとりで書いて遺言を残した場合です。「全部兄にやる。弟は借金だけ持っていけ」だとか本当に目を疑うような遺言書が残される場合があります。無効にできる場合もありますのでそういったものは相続 弁護士に任せてしまったほうが良いといえるでしょう。弁護士が特に、生前できることといえば遺言作成であって、その他のことはすべてトラブルがおきてからとなります。もちろん成年後見 弁護士もいますが、それはまた別の話ですね。遺言はかなりシンプルといえばシンプルなのですが奥が深いといえば奥が深いのです。民法によると財産のわけかただけではなく、処分やいろんなことが書かれてるし素人がその大切な紙を素人論理で書いてしまうと大変なことになってしまいます。絶対弁護士に頼みましょう。もちろん大金持ちだけではなく中流家庭であっても遺言は弁護士へという風潮が強まりつつあります。それはやはり弁護士という専門家への安心感を得れることが一番なのかなとも思います。タンスや金庫とかそういうレベルではない安心感を得れる、弁護士作成の遺言書。あなたも試してみてはいかがですか?