ウィスコンシン上空での相続税の基礎知識講座

車の税金も消費税もお酒の税金もタバコの税金もすべて多くの人は敏感に反応しますが相続税は意外と理解していない場合が多いです。今回は相続税がいかに大切であるかを学んでいきたいと思います。

相続税がわかると国のために、特に困っている人のためにその税金が使われることで、その人を助けることができます。相続人は愛した配偶者で、愛されたこどもたちです。その相続を受けた人たちが課税されて、国に支払うというわけなのです。また遺贈や死因贈与というのもあります。遺贈はまあそのままの意味ですが死んだらあなたにあげるよちう契約ですのようなものです。これは細かく書いてるサイトがあったと思うのでよく調べてください。また納税義務ですが取得した人が当然納税するというわけなんですが、まず期限があることを忘れてはいけません。相続を開始をしって10ヶ月以内にしないといけません。場所は税務署です。さらに申告書を提出して税金を納めるというわけなんですが、被相続人が管轄する場所だというのも注意してください。

実は控除というやつがあります。なんでかというといきなり払えと言われても困るからです。配偶者のやつが有名ですが他にもいろいろな控除があります。対象にあてはまりさえすれば軽減されるし手間もかからないしお得ですね、ぜひ調べましょう。